お問い合わせ
CONTACT
コーポレートサイトへ
メインビジュアル

PLUMBER 配管工の仕事を知る

配管工は、建築物に必要な配管を設置する職人・技術者です。住居やビルといった一般建築に関わる工事から、病院のような公共施設や
工場(プラント)の工事を行います。建物全体の最適な配管設計を行います。そして、設計に合わせた配管のカット・継ぎ手の加工などを
行った後に、配管設備を設置していきます。時には溶接作業を行うこともございます。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    建物の配管貫通用スリーブ工事

    スリーブ工事とは、建物の構造体に配管を通すための穴を作ります。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    重機による埋設配管

    土の中に埋めるために機械(重機)を使って配管を行います。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    天井内設備配管

    給水・排水・消火などの用途に合わせて配管を行います。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    機器取り付け

    衛生器具(大便器、洗面器など)を最終的に取付けます。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    アフターメンテナンス

    引き渡し後に不具合などが発生した場合は現地に行き対応します。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    改修現場による既設配管撤去及び新設配管

    古い設備などを更新したりします。その時古い設備を撤去し新設します。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    消火配管に伴うねじ切り旋盤加工

    消火配管など鉄管で配管する場合、ねじ切りを行います。

  • 現場監督の仕事を知る写真

    スパイラルダクトによる換気配管

    換気配管を行う時、鉄の材料(スパイラルダクト)にて配管で外壁まで行います。

配管工の一日の仕事の
流れ

配管工の職務内容について一日の流れをご紹介いたします。配管工は基本的には施工現場で勤務いたします。
出社退社は直行直帰の場合と会社から現場に向かうこともあります。

08

現場朝礼・朝のミーティングを行い現場の作業を行います

10

15分の小休憩がございます。小休憩中はコーヒーを飲んだり仲間と談話したりします。

12

お昼休憩です。現場は一定期間で変わりますので、現地の美味しいお店を探したりするのも楽しみの一つです。(職長同士の打合せがあります)

13

午後の作業に取り組みます。気持ち入れ替えて頑張りましょう!
現場の作業が無い場合は事務所に戻り、倉庫の整理や次の案件に向けて機材の整備などを行います。

15

午後の小休憩です。ここまでくればラストスパートです。

17

作業終了し、帰宅します。本日もお疲れ様でした。
※状況に応じて事務所によることもございます。

一日の仕事の流れ写真
一日の仕事の流れ写真
一日の仕事の流れ写真

耕翔設備であなたの向上心を
活かしませんか?

お電話でのご応募はこちら 06-7508-7913 (月~金 9:00〜17:00)